冷え症や不眠そして免疫不足を改善する

 現代では衣食住環境が変化し、20代30代でも足、腰、指先、腹などの冷え症が増えています。冷えは万病の元であり、むくみ血栓の原因となったり代謝を下げて太りやすくし、不妊の原因にもなりえます。年配の方だけでなく若い人の冷え性も、定期的な鍼灸(特にお灸)治療とセルフケアで改善が見込まれます。
 お灸のような部分温刺激では、身体全体を温める時と違う生理反応が起こります。また、お灸の種類を使い分けることで、体表の感覚神経受容器に作用させることもあれば、深部の核心温に刺激をあたえることもあります。両刺激を上手に使いながら、脳の中枢に温度の変化を知らせ、慢性症状によって動きにくくなってきた神経を刺激し、身体に変化を促します。
 近年指摘されている「睡眠負債」は、ホルモンバランスを崩したり免疫力を下げると言われています。より良い眠りができるように生活習慣の改善が大切ですが、ストレスが多い生活をされている場合には、お灸を日常に取り入れると改善が見込まれます。マミ鍼灸院では、ご自身でのお灸の使い方もご指導いたします。
 当院のお灸は、万葉集にも詠われる「さしもぐさ」つまり滋賀県の伊吹山最上級もぐさを使います。寒い季節には、桝温灸を利用したよもぎ蒸しのような腹灸も使用いたします。
冷え性の対策としては、四万十川の地域で栽培されるみずみずしい生姜をお灸とともに使い、ショウガオールで温めます。
当院では鍼灸施術の効果を上げるために、和漢植物オイルよるホットストーンマッサージで仕上げをいたします。溶岩石の遠赤外線効果で効率よく血行を促します。極上のひと時をお過ごしください。
---
妊活・不妊に関して
お客様の状況が個人差がありますので、一人ひとりの状態に応じて鍼灸治療と生活アドバイスをいたします。
初回 1,5000円
90分
二回目以降は割引あり
温度45度前後の小さな点灸は、伊吹山モグサ
温度45度前後の小さな点灸は、伊吹山モグサ

マミ鍼灸院の点灸で使われる「創業寛文元年 亀屋佐京」の家伝もぐさ

安藤広重が描いた亀屋

亀屋佐京ホームページより

枡のよもぎ蒸し灸(オプション)
枡のよもぎ蒸し灸(オプション)

妊活のために

妊活で鍼灸治療を受けにくる女性が増えました。妊活で重要になるのは、排卵日の知識。病院では科学的な検査法が用いられますが、自覚症状や基礎体温(BBT)は自分でわかるので、まずはそこから。

続きを読む

お灸と免疫抑制剤の併用に注意

臨床報告より、リウマチの免疫抑制剤を服用している場合は、お灸の利用に注意が必要となる

続きを読む

増上寺で行われたお灸教室のお手伝いをさせていただきました

大殿の仏間で寺庭婦人会の「お灸教室」が行われました。
続きを読む

世界の鍼灸事情3---MoxAfrica---アフリカでお灸が結核予防に

イギリスの登録団体がアフリカの結核患者に対する直接灸の効果を調査、結果、、

続きを読む